※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ツバメが巣を作るのは幸運の前兆?縁起が良いと言われるのはなぜ?

外出先で、ツバメの巣に遭遇する時はありませんか?

実はツバメの巣を作るのは幸運の前兆と言われており、見かけた人はラッキーなことが起こると言われています。

ツバメが巣を作るのは「幸運の前兆」「縁起がいい」と言われているのですが、その理由はなんでしょうか?

 

ここでは、

・ツバメが巣を作るの幸運の前兆?
・縁起が良いと言われるのはなぜ?

ついてお伝えしていきます。

 

ツバメが巣を作るの幸運の前兆?

ツバメの巣は「縁起がいい」と言われ、多くの人に愛されています。

ツバメ自体も縁起のいい鳥だと言われていますね。

ツバメが巣を作る場所として、天敵から身を守れる場所に巣を作ります。

そのため、ツバメが巣を作る場所は、活気のある場所として言われているのだとか。

 

家に巣を作る場合は、人の出入りが多く繁栄する家だと言われており、お店に巣を作る場合は来客が多い店は繁盛店といえるでしょう。

また、日当たりがよく風の通りがいい場所にも巣を作る習性もあります。

こういった場所は常にエネルギーが循環しているとも言われており、健康な人が多い場所としても言われているのだとか。

 

壊れたら縁起悪い?

ツバメの巣は縁起がいいと言われていますが、人が多く出入りする場所や車庫などに巣を作られると、フンが散乱するなどといった理由からお掃除が大変になり困るケースもあります。

とは言え、ツバメの巣が壊れたり、ツバメの巣を壊すと縁起が悪いのでは?と思う人も少なくないのだとか。

結論から言えば、ツバメの巣を壊しても縁起が悪いとは言われていません

 

また、ツバメの巣が落ちることがあったとしても縁起が悪いということはないので安心してください。

ただし、ツバメの暮らしも守らなければいけませんね。

・巣作りが始まった段階で片付けるようにする。
産卵を終えた後であれば、巣立つまでは壊さないようにする。

壊す以外の対策も考えて、ツバメにも自分自身にもいい解決策を心掛けることができるといいですね。

 

ツバメの巣が縁起が良いと言われるのはなぜ?

ツバメの巣が縁起が良いとされるのは、 快適な場所を選んで巣を作るというツバメの習性によります。

ツバメは無意識のうちに幸運を運んでいるのでしょうね。

長旅する渡り鳥であることから、住環境のよしあしを体で熟知しているようです。

そのため、じめじめした湿った場所や外敵に狙われそうなところ、雨風の強い危険なところには巣を作りません

 

また、人通りの多いところに巣を作ることによって外敵から身を守ります。

昔、お店の軒下にツバメが巣をつくると繁盛するとよく言われていました。

繁盛している店は人の出入りが多くツバメにとっても明るくて風通しのよい環境だからなのでしょうね。

 

ツバメが巣を作るの幸運の前兆?縁起が良いと言われるのはなぜ?まとめ

今回は、「ツバメが巣を作るの幸運の前兆?縁起が良いと言われるのはなぜ?」についてお伝えしました。

ツバメが巣を作るの幸運の前兆?と言われる理由として、

・人通りが多い場所
・風通しのいい場所

この2つの場所はエネルギーに満ち溢れていて風水でも言われているのだとか。

また、これらの場所は、「健康」や「商売繁盛」などともつながりを持っていることから、「縁起がいい」と言われ多くの人に愛されています。

外出先でつばめの巣を見つけた際には、深呼吸をしてよいエネルギーを吸収するのも良いかもしれませんね。